野に出よう♪、季節を味わおう♫生命の息吹きを感じよう♪

「主なる神は土の塵で人を形づくりその鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった」

中国神話にも神様が黄河の泥をこねて人を作る話がデてくるそうで、古代の人達は神様が土をこねて人を作ったと信じていたのかもしれません。死ぬと人は土に戻ってしまう、自然の中で暮らしていた太古の人達にはごくありふれた現象だったのでしょう。

大事な事は「生命の息吹が吹き込まれた」と言う点でしょう。生命の息吹が去ってしまうと、人は生きてはいられず塵(チリ)になってしまう。

そう考えると、心も体も「生命の息吹」と言うOSの上で動いているアプリみたいなものかもしれませんね。

野に出てみましょう。季節とともに現れてくる生き物の営みを見てみましょう。

失いつつあった生命の息吹を取り戻すきっかけになるかもしれません。